MinatoのBlog

東京中央区のシステム制作会社「株式会社Minato」の公式ブログです。IT関連のニュースや作ってみたもの・試したことなどを書きます。スマホアプリ・Web開発・IoTなどなど

iOSでARとVRを同時に体験できるアプリを作ってみた

f:id:yoshidaipon:20180326152627p:plain

試してみたこと

iOSのARKitとGoogle VRを使ってARとVRを合わせて体験できる混合(MR)アプリを作ってみた。

AR体験VR体験が同時にできるARVR混合アプリ。つまりMRアプリを作ってみました。
ストーリ仕立てでARとVRが入り込むアプリです。
今回は、一眼ハコスコで対応します。
ポイントはiPhoneのカメラが隠れないように
穴が開いている配慮されたハコスコを使うことです。
f:id:yoshidaipon:20180326154022j:plain

カメとの遭遇

アプリを起動するとすぐに、目の前にカメが現れました。 ここはARの技術です。

f:id:yoshidaipon:20180326152543g:plain

浜辺へ移動

カメにタッチした途端、浜辺にワープしました。
ここはVRの技術ですね。
360度パノラマの静止画を使用しています。

f:id:yoshidaipon:20180326152603g:plain

カメに連れられ水中へ

水中の潜っていく動画で同じくVR技術
f:id:yoshidaipon:20180326152619p:plain

楽しい時間を過ごし気づけば岩場へ

360度パノラマの動画によるVR技術

f:id:yoshidaipon:20180326154703g:plain

そして現実世界へ

夢のようなVRの世界から突然ARの世界で現実の世界へ

f:id:yoshidaipon:20180326154406p:plain
気づけば玉手箱らしき箱が出現!
(この時ARの世界では平面検出がなされ、玉手箱のオブジェクトは平面に添って配置されている)

玉手箱を開けようと、タッチすると…

f:id:yoshidaipon:20180326155248g:plain
玉手箱の中に閉じ込められることに!

f:id:yoshidaipon:20180326155153g:plain
玉手箱の隙間から外の世界が見える。
これはARの世界なのだが、オブジェクトの内部にいるために、
ARなんだかVRなんだかもう分からなくなってくる

動画

以下動画です。

ARVRを同時に体験できるMRアプリ

まとめ

ARとVRを活用したアプリが簡単に作れるようになりました。
アイデア次第で、様々の業界・業種で活用ができそうですね。
iOS11.3(ARKit1.5)からは垂直方向への平面検知もできるようになるため、
垂直平面から出てきたオブジェクトが、重力で下の平面まで落下するというように、
更にできることは増えますね。

今回は1眼のハコスコを使用しましたが、
もちろん2眼で立体的に見せることも可能です。
手軽に非日常を疑似体験したり、
社員・スタッフへの教育・研修・トレーニング・シミュレーション
ダンスや演芸、専門技術の伝承など
今まで言葉や写真・1方向の動画では十分に伝えるのが難しかった場面をカバーしやすくなりました。

関連記事

blog.minato.jp.net blog.minato.jp.net

共同開発の「朝日新聞アルキキ」が朝日新聞紙面特集に掲載されました

f:id:yoshidaipon:20180314111733p:plain

共同開発の「朝日新聞アルキキ」が紙面特集「声で操る、暮らしスマート 朝日新聞アルキキ」として掲載されました


共同開発している音声ニュースアプリ「朝日新聞アルキキ」が、
2018年3月10日の朝日新聞朝刊紙面(全国)に特集掲載されました。

「声で操る、暮らしスマート 朝日新聞アルキキ」と題し、
スマートスピーカー(GoogleHome、AmazonEchoなど)のメリットや、
シニア世代のスマートフォン利用増加による行動変化についてなどが書かれており、
スマートフォンアプリを含めた音声ニュースは身近で便利な存在になるのではと期待されます。

f:id:yoshidaipon:20180314115621p:plain 3/10付朝日新聞朝刊掲載

「朝日新聞アルキキ」アプリについての紹介記事


以下本文引用

■「ニュース聞かせて」で再生
「朝日新聞アルキキ」は、朝日新聞のベテラン編集者が選んだ記事を、聞き取りやすい合成音声で読み上げるスマートフォンアプリです。
2016年4月にサービスを開始しました。
朝の忙しい時間帯に、5分足らずで大事なニュースをまとめて聞くことができるアプリとして、ビジネスパーソンを中心に多くの利用者から高い評価を得ています。
昨年秋からは、国内で発売されているスマートスピーカーでも聞けるようになりました。
グーグルの「グーグルホーム」の場合、「OK グーグル、朝日新聞のニュースを聞かせて」と話しかけると、アルキキのニュースが再生されます。
アマゾンの「エコー」の場合は、まずスマートフォンに「Amazon Alexa」アプリをダウンロード。
そのアプリから「スキル」の画面を開いて、「朝日新聞アルキキ」と検索し、スキルを有効にします。
その後は「アレクサ、今日のニュースは?」と聞けば、記事を読み上げてくれます。話しかけるだけなので、家事をしながらでも音声ニュースを聞くことができます。

GoogleHomeの場合、
GoogleHomeアプリで、再生されるニュースの順番を変更することができるため、
事前に「朝日新聞アルキキ」を先頭に設定しておけば、
「最新のニュースを聞かせて」と話しかけても、すぐにアルキキのニュースを聞くことができます。

また、ウェイクワードは「ねえ グーグル」でも反応しますし、
「おはよう」と話しかければ、あいさつを返してくれるのと同時に、
現在時刻、その日の天気、気温、(Googleカレンダーに予定があれば)その日の予定、ニュースをまとめて聞けるため、
「ねえ グーグル おはよう」というように少し親しみのある会話をすることもできます。

www.asahi.com

アプリ概要

名称: 朝日新聞アルキキ いつでも簡単音声ニュース
ダウンロード価格: 無料(アプリ内課金あり。通信料は利用者の負担となります)
対応OS: iOS9以降、Android4.4以降
対応端末:スマートフォンのみ(PCでは利用できません)

App Store:

■iPhone

朝日新聞アルキキ いつでも簡単音声ニュース

朝日新聞アルキキ いつでも簡単音声ニュース

  • 株式会社 朝日新聞社
  • ニュース
  • 無料

■iPad

Google Play:

朝日新聞アルキキ公式サイト:

関連記事

blog.minato.jp.net blog.minato.jp.net blog.minato.jp.net

iOS11.3からサポートされるARKit1.5の画像認識を実機で試してみる

f:id:yoshidaipon:20180302170511p:plain

iOS11.3(ARKit1.5)からサポートされる画像認識を実機で試してみた。

試してみたこと

以下動画のとおりです。

iOS11.3による画像認識を試してみる

認識させるものは、Minatoのロゴにしました。
認識させるものの実寸サイズを指定することができます。
つまり、そのサイズでなければ同じ画像でも認識させないようにすることができます。
今回はA4サイズで試します。

何を認識したか分かるよう、
認識した場所に、同じ大きさの半透明の物体を置いて点滅させます。
※ARなので、カメラを動かしてもその場所に貼り付かせることができます。

応用してみると…

美術館や博物館を想定して、
絵画や作品に合わせた音声ガイダンス風サンプルアプリがあっさりと作れてしまいます。

以下動画です。

iPhoneの画像認識で絵画の音声ガイダンス風アプリ

画像を認識すると、
その作品に関する説明が音声で流れます。
iPhoneで設定している言語に合わせて、音声を変えれば、
ヘッドホンなどの機材なしで、
お客さんに合わせた音声ガイダンスができちゃいますね。

考察

OSのアップデートにより、
リッチなアプリがどんどん簡単に作れるようになってきました。

上のサンプルアプリの例で言うと、
実寸でないと認識できないとすれば、
パンフレットや公開されている画像では認識しないため
一応足を運ばないと使えないようにできますね。
歩きスマホにならない程度に活用されると良いですね。

ちなみに、再生されていた音声は、
iOSのテキスト→スピーチの機能を使用しています。
※純正iOSアプリです

読み上げにぎこちなさはありますが、
少しずつ日本語もお上手になってきているように思います。
なので、音声ファイルを用意しなくても、
サーバーで説明文を管理すればすぐに変更ができますね。

共同開発の「朝日新聞アルキキ」が「Amazon Echo」でも利用できるようになりました

f:id:yoshidaipon:20171109105215p:plain
朝日新聞アルキキ

共同開発の「朝日新聞アルキキ」がAmazon Alexa対応


共同開発している音声ニュースアプリ「朝日新聞アルキキ」の音声が、
本日(2017年11月8日)発表されたAmazon Alexaに対応し、
スマートスピーカー「Amazon Echo」で聴取可能になりました。
先月発売された「Google Home」に続き、Echoを通じて日常のさまざまな場面で、
朝日新聞社が提供する音声ニュースが聞けるようになります。

朝日新聞社の朝刊ニュースがAmazon Echoで聴取可能に - PRTIMES企業リリース - 朝日新聞デジタル&M www.asahi.com

当日の記者発表会の様子


Amazon Echo(アマゾンエコー)初期パートナーは100社以上、「吉本」や「日産」など | ロボスタ https://robotstart.info/wp-content/uploads/2017/11/amzn-partner-cover.jpgロボスタより

パートナー企業に日産や吉本などの大手企業が並ぶ中に
開発しているアプリのロゴが映し出されるのは感動ですね。

アプリ概要

名称: 朝日新聞アルキキ いつでも簡単音声ニュース
ダウンロード価格: 無料(アプリ内課金あり。通信料は利用者の負担となります)
対応OS: iOS9以降、Android4.4以降
対応端末:スマートフォンのみ(PCでは利用できません)

App Store:

https://itunes.apple.com/jp/app/id1093326486?mt=8

Google Play:

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.asahi.arukiki

朝日新聞アルキキ公式サイト:

http://www.asahi.com/shimbun/medialab/arukiki/

関連記事

blog.minato.jp.net blog.minato.jp.net

これもスマートスピーカー?AmazonDashにて「朝日新聞アルキキ」のニュースを手軽に聞けるIoTに

f:id:yoshidaipon:20171005142507p:plain
津田沼オフィスのダンボーくん

Google Homeの日本発売に先駆けて、
共同開発させてもらっている「朝日新聞アルキキ」の音声ニュースを
Amazon Dashでワンプッシュで聞けるようにしてみた。

試してみたこと

以下動画のとおりです。
AmazonDashで朝日新聞アルキキをIoT化したら(似非) - YouTube youtu.be

考察

今後どんどん普及するだろうと思われるスマートスピーカーのある生活のイメージで、
こんなのが家にあったら便利かな?
と思ったのが事の発端だった。

f:id:yoshidaipon:20171005142446j:plain
※イメージです

ところが、試してみてスマートスピーカーよりスマートなのではとも思えてきた。

例えば「朝起きてすぐ、気軽に音声ニュースが聞きたい」とした場合、

  • スマホのアプリを起動して再生する
  • 声で音声アシスタントに依頼する

実現方法は色々あるが、

  • 壁のボタンをワンプッシュする

実はこれは一番スマートなのではないかと思う。
なぜなら、スマホもスマートスピーカーも
初めの起動のきっかけがワンクッション入るからだ。
スマホなら、アプリ起動のために、目で見て、タップを最低2回、
スマートスピーカーなら、「OK Google」や「Hey Siri」のようなきっかけのあと、
「ニュースを聞かせて」と発声が最低2回のアクションが必要だからである。

また、オールインワンのようなデバイスではなく、
ニュースを聞くだけ、スケジュールを聞くだけなど
◯◯だけに特化したデバイスが(安価で)あれば、
この場所ではこれ、というような使い分けができたり、
複数の機能が同時に使えたり融通も利きそうだ。

というわけで、今回はAmazonDashを使用したが、
このようなワンプッシュ音声ニュースデバイスはアリだと感じた。

関連サイト

音声ニュースアプリ 朝日新聞アルキキ www.asahi.com

関連記事

グーグルが提供するGoogleアシスタントに対応し、スマートスピーカー「Google Home」に音声ニュース配信の開始を発表しました。 - MinatoのBlog blog.minato.jp.net

共同開発のスマートフォンアプリ「アルキキ」が「Google Home」に対応し、「朝日新聞アルキキ」に名称変更しました

f:id:yoshidaipon:20171109111808p:plain

f:id:yoshidaipon:20171005142649p:plain
朝日新聞アルキキ

本日(2017年10月5日)
共同開発している「アルキキ」のスマートフォンアプリのアップデートより、
音声ニュースアプリ「アルキキ」を「朝日新聞アルキキ」に名称変更されました。

また、グーグルが提供するGoogleアシスタントに対応し、
スマートスピーカー「Google Home」に音声ニュース配信の開始を発表しました。
Google Homeに「OK Google、朝日新聞のニュースを聞かせて」等と呼びかけるだけで、
朝日新聞社が提供する音声ニュースが聞けるようになります。

スマートスピーカー「Google Home」に音声ニュースを配信開始 - PRTIMES企業リリース - 朝日新聞デジタル&M www.asahi.com

アプリ概要

名称: 朝日新聞アルキキ いつでも簡単音声ニュース
ダウンロード価格: 無料(アプリ内課金あり。通信料は利用者の負担となります)
対応OS: iOS9以降、Android4.4以降
対応端末:スマートフォンのみ(PCでは利用できません)

App Store:

https://itunes.apple.com/jp/app/id1093326486?mt=8

Google Play:

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.asahi.arukiki

朝日新聞アルキキ公式サイト:

http://www.asahi.com/shimbun/medialab/arukiki/

関連記事

blog.minato.jp.net

【勉強会】ヒューマンインターフェース概論に行ってみた!

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shalinokada/20170510/20170510123222.jpg?1494387193

こんにちは、Minato新入社員の岡田です。
もう早いことに、入社してから1ヶ月以上も経っています。
大人になると時間の経過が早くなる、というのを実感しています。
そして、最近よく勉強会に参加するようになりました。
今回は【勉強会】ヒューマンインターフェース概論に行ってきたのでそのことについて書いていこうと思います。

サポーターズCoLab

まずは、勉強会を主催してくださっているサポーターズCoLabについてです。

サポータズCoLabは"若手エンジニアが「技術で繋がる」仲間探しサービス"という目的で、
勉強会だけでなく、交流会やハッカソン、さらには特別講演などを今春から主催しています。
つまり、こちらのサービスの目的は技術力向上だけだなく、コミュニティの広がりも目的としていることがわかりますね。
また、メンターもサポーターズCoLabを運営している株式会社サポーターズさんの繋がりのある方を呼んでいて、
本当にコミュニティや繋がりを大事にしていることがわかります。
株式会社サポーターズさんは学生の就職支援をしている会社で、その一環でキャリア支援もしています
サポーターズというサービス名で、就活に必要な交通費などを支援したり、
学生、企業ともに最適なマッチングを実現したりしています。

こんな風に、未来を担う若者(僕もまだ十分若者です)の支援(サポート)を行なっているカッコいい会社です。
いつかは成長したらメンターとして参加してみたいものです…

supporterzcolab.com supporterz.jp corp.supporterz.jp


【ヒューマンインターフェース概論】

今回講師は、エンジニアの坂本雄彦さん
バイオリンが弾けるそうです…

それでは本題の方に移っていきましょう。

まずヒューマンインターフェースとは、パソコンと人間の接点のことですね。
例えば画面の中のボタンとか、キーボードとか、そんなものです。
これらのデザインの良し悪しについての講義でした。
ひたすらデザインを見る、感じる、考えるの繰り返しです。
これが案外楽しくて、いろんな特徴や改善があります。
どんなデザインを見たかというと、
テレビのリモコン・AppleTVのリモコン・ドアの押す引く問題・セブンカフェのコーヒーサーバー・パソコンの端子…などなど
たくさんの実例をあげていただいて、一番感動したのは、Amazonのプルダウンメニューの話です。
説明すると難しいので動画を貼っておきます。


このように、カテゴリからサブカテゴリにマウスを斜めに移動するとき、他のカテゴリに移動しないようになっているんですよ。
これは粋な良いデザインですね。

また、悪いデザインの例として楽しいBADUIの世界を見て見たり。
ここのサイトは毎日1つの悪いUIを載せているみたいで、苦笑いがでるものから逆に感銘を受けるデザインまであります。
暇つぶしにはもってこいですね笑

総括としては、デザインの良し悪しはみためだけでなく使いやすさなどで決まってくるということでした。
なのでUIとUX(ユーザーの使い心地)は繋がっているということですね。
今回の講義内容を知っている知らないでは、今後の開発に大きく関係してくると感じました。

まとめ

今回はヒューマンインターフェース概論というなんかかっこいい講義でしたが、
他にもたくさんの勉強会があります。
特に5月20日に開催されるRubyの父・まつもとゆきひろ氏による特別講演は胸が熱いです。
もちろん僕は申し込んでいますが、定員オーバーで抽選待ちです。
なんと発表は明後日なのでドキドキしています。

というわけで今回はサポータズCoLabさんの勉強会に行ってみたという記事でした。
今後も良い勉強会に巡り会えたらお知らせしていきたいと思います。
また、新入社員としてのシリーズブログもありますのでよければそちらも見てみてください。

blog.minato.jp.net